銀行カードローンの即日融資の今後の展開は

銀行カードローンの過剰融資問題が、社会問題化するにつれて銀行は全国銀行協会を中心として自主規制に取り組み始めました。全国銀行協会はこのまま銀行カードローンの過剰融資問題が大きくなっていくと貸金業者のような規制を当局から課せられてしまうのではないかと感じたことが大きいと思われます。

その証拠として、銀行を代表する存在であるということもできるメガバンクの自主規制が総量規制に沿ったものであることは、見れば簡単にわかります。銀行の監督官庁である金融庁と銀行側とのやり取りが続いていると考えられますが、かなり多くの銀行カードローンで導入されている即日融資も今後はなくなっていくか、少なくなっていくと考えていいでしょう。