申し込み後に行われる本人確認の内容

キャッシングの申し込みや契約の時には、本人確認書類が必要になるのが一般的です。これは運転免許証や保険証、住民票などの書類で、これを提出することで本人を確認する意味合いがあります。

しかし、書類による確認の他に、電話による本人確認が行われるケースも非常に多いと言えます。その為、キャッシングに申し込む時は、本人確認の電話がかかってくるつもりでいると安心かもしれません。

キャッシングの本人確認は、申し込みの際に登録した連絡先電話番号への電話によって行われるのが一般的です。連絡先として自宅を登録しているなら、自宅の電話にかかってくると考えておいてください。携帯電話の番号を登録しているなら、携帯電話に電話がかかってくるはずです。

本人確認の電話で気になるのは、やはりキャッシング会社名が出されてしまう可能性でしょう。特に自宅を連絡先として登録している場合、本人確認の電話を受けるのが申し込み者自身であるとは限りません。もしかしたら家族が出てしまうかもしれないのです。その時にキャッシング会社の名前を出されてしまうと、当然困る人もいるはずです。

しかし、本人確認の電話でキャッシング会社の名前が出される心配は基本的にありません。本人確認の電話では、キャッシング会社の担当者が個人名で電話をかけて来るのが一般的です。申し込み者本人が電話口に出てから初めてキャッシング会社名が出され生年月日等の確認が行われるので、連絡先を自宅にしている方でも安心です。

また、仕事等で忙しく、なかなか電話に出られない方もいるかもしれません。その場合はキャッシングの申し込みの際に、電話連絡の都合が良い時間帯も伝えておくと良いと思います。キャッシング会社では電話確認の時間帯なども柔軟に対応してくれることが多いので、確実に電話を受けてスムーズに本人確認を行う為にも、電話に出られる時間帯を伝えておくようにしましょう。

本人確認が完了すると次は勤務先への在籍確認が行われることになると思いますが、この時もキャッシング会社名が出される心配はないので安心です。