カードローンの利用残高が減らないという原因は返済している時に錯覚にある!

カードローンやフリーキャッシングなどの問題として、なかなか利用残高が減らないということがあります。基本的には、毎月返済している金額の内訳を知ることで効率良く返済することが出来るものの、なかなか理解できない人もいます。むしろ、契約内容を理解していないということも問題の一つです。

先ず、毎月返済しているのに借金が減らないというのは、返済していることの錯覚が根底にあります。返済というと借りた分を返していると思いがちですが、日々発生する利息も上乗せされています。そして返済は、借り入れ時に掛かる手数料いわゆるATMの利用手数料、利息、そして元本の順に充当されていきます。結果、利用頻度が高く、借り入れの都度、提携ATMを利用する頻度が多い場合、元本の返済に充てられる金額は必然的に減ります。先ずは、借りた分以外に発生している分を考慮した返済計画が重要です。