サラ金が総量管理の対象になっている導因

サラ金は当日貸付に対応していてすぐ料金を借りる事が行えるという楽しみがありますが、総量規制の意図となってしまうので賃金の3分の1以上の賃借をする事が出来ません。そのためギャランティが少ないユーザーは応用限度額も少なくなってしまうので多額の賃借をする事が出来ません。この点についてサラ金に対して不満があるというユーザーが多くいるようです。

多額の賃借を希望する感情は分からなくもありませんが、サラ金は限界利子が18パーセンテージに設定されているので多額の賃借をしてしまうとその分利率も加算されてしまいます。そのため費消が困難になって仕舞う事も考えられます。総量規制は費消が困難になって仕舞うのを防ぐための規制なのでそのレベルは考え方をしなければいけません。